当然のことながら、サッカーにおいて一番の重要なスキルとはキックです。

しかし、キックをどのように上達させたらいいのでしょうか?

この記事は、サッカーがうまくなりたい、得点できるようになりたい、という方に向けて、サッカーのキックを上達させるコツを紹介します。

ボールの上での足の置き方を気を付ける

ボールをける前には、ボールの上に足を置きますよね。キックをうまくなりたいのであれば、足を置く場所に注意を払ってみましょう。そして、足を正しく置くことで、キックの精度と勢いを向上させることができます。

例えば、ボールの真ん中を蹴ったにもかかわらず、常にゴールの上を蹴ってしまう場合、置き足の位置がボールの後ろになっていると考えられます。

足を置いた位置によってどのようにボールが飛ぶかが異なるので、その仕組みを理解することで、キックの精度を上げることができるでしょう。

ゴールキーパーの位置を観察する

得点したいのであれば、ゴールドキーパーの位置をよく確認しましょう。

ゴールキーパーはゴールの中央に立っているので、コーナーに近い位置でシュートを打つと得点しやすくなります。

また、ゴールキーパーは、ゴールに向かってまっすぐ飛び込むよりも、上や下に向かって飛び込む方が難しいとされています。そのため、シュートはGKの上か下に打つのがいいでしょう。もしくは、ゴールの上隅、アッパー90が理想的なシュート位置となります。

キック時頭を下げてボールを見ること

試合中にキックする際には、視線が動いてしまいますよね。キック中にディフェンダーやゴールを見ている人も多いはずです。

しかし、キックをするときには、まっずぐとボールを見ることが大切です。そうすることで、精度とパワーを向上させることができます。

インステップキック

サッカーの基本中の基本はインステップキックです。インステップキックとは、足の甲を使ってボールを蹴る方法であり、こうすることでより遠くにボールを飛ばすことができます。

インステップキックでボールの真ん中をけった場合は、ボールは低い弾道で飛んで行きます。インステップキックをすることで、ボールが安定するのでコントロール力が身に付きます。

動画を利用して覚えよう

ボールのけり方を言葉で説明されてもよくわからないですよね。そのため、キックの練習をしたいのであれば、YouTubeなどの動画をみて練習するのがおすすめです。

ボールを蹴るときの角度、位置など動画で確認することで、より正確にボールを蹴り方を学ぶことができます。

早速練習してみよう

キックのコツを練習してきましたが、いかがでしたか?サッカーにおいてキックは一番重要なスキルであり、これができるどうかで試合でのパフォーマンスが大きく異なります。ぜひこの記事で紹介したコツをつかんで、キックの精度を上げましょう。