サッカーをプレイする際には、スパイクは欠かせません。そして、サッカーのプレイのパフォーマンスを最大限にするためには、最適なスパイクを選ぶことが大切です。そこでこの記事では、正しいスパイクの選び方を紹介します。

スパイクの選び方がわからない、素材について知りたい、という方はぜひこの記事でスパイクについての知識を身に付けてくださいね。

1. 予算を決める

まずは、スパイクを購入する際に予算を決めましょう。予算を最初に決めておけば、値段で選択肢をかなり絞ることができるので、時間を節約することができます。

予算としては3万円程度に設定すると、かなり幅広いラインナップから選ぶことができます。ただし、これよりも安くスパイクを購入することもできます。安いものだと1万円以下で購入できるものあるので安心です。

2. サッカーのフィールドサーフェスを決定

スパイクはフィールドのサーフェスによって選ぶべきものが異なります。

そのため、まずは自分がどのようなサーフェスでプレイしているのかを明らかにしましょう。サーフェスに適していないスパイクを選んでしまうと、けがの原因になってしまうことがあります。

それぞれのサーフェスに合ったスパイクは以下の通りです。

乾燥またはわずかに湿った天然芝の場合:しっかりした表面のスパイクが最適です

湿った、泥だらけの天然芝の場合:ソフトグラウンドのスパイクが最適です。

3Gと4Gの人工ピッチの場合:人工地盤のスパイクが最適です。

砂と水ベースのアストロターフピッチの場合:アストロスパイクが最適です。

3. 素材を選ぶ

かつては革製のサッカースパイクが人気を集めていました。しかし、最近ではいろいろな素材のスパイクが販売されており、自分にあった素材を選べるようになりました。

それぞれの素材の特徴は以下の通りです。

レザーのスパイク

ナイキ・ティエンポやプーマ・キングなどの人気の高いレザースパイクが多く販売されています。レザーは快適な履き心地が自慢であり、足になじみます。ただし、レザースパイクは少し重くなってしまい、耐久性はそこまで高くないといえます。

合成皮革のスパイク

合成皮革はレザーに代わって誕生するようになりました。昔ながらの革のような本物感はないかもしれませんが、水を吸って濡れた状態で重くなってしまうことを防いでくれます。また、合成皮革の場合、生地が伸びてしまうことがないので、素晴らしいフィット感を維持できるのが魅力です。また、合成皮革のブーツは、低価格で購入することができるので、多くの人が選んでします。

ニットのスパイク

ニットのスパイクは、他の素材のものと比較して最も軽いのが特徴です。価格が高くなりがちですが、軽くスピードを上げることができるので、プロのサッカー選手にも多く選ばれています。

また、耐久性があるのも魅力だといえます。

4. 履き心地の良さを確認する

サッカーシューズは、履き心地が命です。そのため、購入する前に必ず試着するようにしてください。

そして、実際に足にフィットするかをよく確認してください。プーマ・キングやミズノ・モレリア・ネオIIなどの革製ブーツは足によくフィットするスパイクとしてたくさんの人に選ばれています。また、足の横幅が狭いという方は、アディダス・ネメジスを選ぶといいでしょう。

5.デザインを選ぶ

最近ではスパイクのデザインも多種多様です。自分の気に入ったデザインを選びましょう。

最適なスパイクでプレイしよう

サッカー選手に欠かせないアイテム、スパイク。スパイクはそれぞれで特徴が異なり、どれを選ぶかによって試合でのパフォーマンスに大きく影響が出ます。そのため、スパイクを選ぶ際には、しっかりと自分に合ったものを選び、スキルアップにつなげるようにしましょう。