最近は最新テクノロジーがたくさん誕生しており、バーチャルリアリティーがいろいろな場面で使用されるようになりました。そして、ここ数年では、バーチャルリアリティーを使用したサッカーのトレーニングが注目されています。バーチャルリアリティーを使用すれば家で簡単にサッカーのトレーニングができるということですが、まだまだ僕たちの生活の中で実用化されているという実感はないですよね?

テクノロジーは日々発展しているものの、本当にバーチャルリアリティーを使用したサッカーのトレーニングというのは可能なのでしょうか?

そこでこの記事では、バーチャルリアリティーの現状と、バーチャルリアリティーでできること、家庭への浸透について考えていきます。

バーチャルリアリティーを使用したサッカートレーニングとは?

バーチャルリアリティーとは仮想現実のことを言います。バーチャルリアリティーでは専用のゴーグルなどを身に付けることにより、仮想現実の中に入り込み、リアルな体験をすることができます。

そして、バーチャルリアリティーでサッカーフィールドを再現することで、サッカーのトレーニングを可能にしようという取り組みがあるのです。

バーチャルリアリティーでは専用の機器を利用することで、プレイヤーの動きを分析することができます。これにより、プレイヤーの癖や欠点などを特定することができるのです。そのため、バーチャルリアリティーは次世代のスター選手の育成手段としてかなり注目されているのです。

また、バーチャルリアリティーでは現実では不可能なことも可能です。例えば、実際に練習する際には、天候をコントロールすることができないですよね。しかし、バーチャルリアリティーを利用すると、濡れた芝生の滑りなどを再現することができます。そのため、バーチャルリアリティーでは天候をもコントロールしつつ、練習することができるのです。

このようにバーチャルリアリティーを利用すれば、より効率よくトレーニングをすることができるのです。そのため、バーチャルリアリティーにより、スター選手が誕生しやすくなるともいえます。

注目のサッカートレーニングアプリ「Rezzil」

バーチャルリアリティーを利用したサッカートレーニングアプリとして注目されているのがRezzilです。RezzilはRezzil Player 21が提供するサッカートレーニングアプリであり、SteamVRで配信が開始されています。

Rezzilを利用するには、 Vive トラッカー パックを自分の足にストラップします。そうすることで、バーチャルリアリティーが足の動きを追跡するようになります。

そして、Rezzilにはプレイヤーのスキルを向上させるための多くのもーそが搭載されています。その1つがクイックファイアラウンド。これは制限時間内に何回ゴールを決めることができるかを測るもので、得点力を鍛えることができます。

また、有料版を利用すると、さらに多くのモードが追加され、充実したサッカートレーニングがすることが可能になります。

さらにRezzilでは、アディダスの純正シューズやボールも用意されており、実際にこれらを購入することが可能です。

バーチャルリアリティーのトレーニングは実際に実用化される?

バーチャルリアリティーを利用したサッカートレーニングは、どんどん開発が進んでいます。

しかし、現時点では専用の施設などで体験できるだけであり、自宅でバーチャルリアリティーを利用することはまだまだ難しいといえます。

というのも、バーチャルリアリティーを体験するためには、専用の機器を添え終えなければならず、それらはまだ価格が高いからです。一般家庭では、それらをすべてそろえるというのは難しでしょう。また、バーチャルリアリティーのアプリは有料版のものがほとんどです。無料のものもありますが、それでも機能が限定されてしまいます。

また、多くの人にとってバーチャルリアリティーがまだまだ身近なものでないため、バーチャルリアリティーでサッカーのトレーニングする、という概念が浸透していません。

バーチャルリアリティーでのサッカーのトレーニングは可能です。しかし、これが一般的になるためには、まだまだ時間がかかるといえるでしょう。