スポーツをしているのであれば、日々のトレーニングは欠かせません。しかし、学生の場合勉強をしなければいけないため、毎日トレーニングに十分な時間を割くということは難しいでしょう。

そこでこの記事ではトレーニングと勉強を両立させる方法を紹介します。なかなか勉強とトレーニングの両立ができないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 正確なスケジュールを立てる

まず大切なことは、スケジュールをしっかりと立てるということです。

普段から忙しくしていると、効率的に日々を生活することができません。そんため、事前にスケジュールを立てそれに従って生活することで、時間を有効に使うことができます。そして、トレーニングに時間も十分に確保できるようになるでしょう。また、一度スケジュールを立てたら、必ずそれに従うようにしましょう。自宅の一番目立つどころなどにスケジュールを貼っておくと、それを遵守しやすくなるのでおすすめです。

2. 休み時間にスポーツをする

忙しくてスポーツをする時間がないときは、大学の30分の休憩時間を利用するといいでしょう。普段は休憩時間は友達と食堂でゆっくり過ごすことが多いのではないでしょうか?しかも、お菓子を食べたりして、かなり不健康な生活をしている人も多いはずです。

友達と遊んでいる時間をトレーニングに充てることで、時間を有効に使用することができます。大学近くのジムを利用するというのも1つの方法でしょう。

また、短時間でできるジョギングやスクワットなどのトレーニングを休憩時間にするのも効果的です。一緒にトレーニングが楽しめる友達がいると、休憩時間も楽しくトレーニングができるでしょう。

3. 大学でチームスポーツをする

大学ではたくさんのサークルがあり、それらでスポーツをすることでもできます。サッカー、バスケットボール、サッカー、野球などたくさんのサークルがあるので、それらの中から自分に合ったものを選択するのがいいでしょう。ただし、スポーツサークルの中には飲みサーもたくさんあります。そのようなものに入ってしまうと、スポーツをするどころか飲み会ばかりで体に逆効果になってしまいます。そのため、正しいサークルを選ぶようにしましょう。

4. 授業の前にジョギングをする

朝に強いのであれば、大学に行く前にジョギングをすることを考えてみてください。公園など自宅の近くで30~40分程度の短いジョギングをすることで、かなりのトレーニングとなります。

大学3年、4年になれば1限がないことが多いので、より時間をかけてジョギングができるようになるでしょう。

5. 大学のフィットネスプログラムに申し込む

一部の大学では、学生が健康を維持するための特別なフィットネスプログラムを用意しているところがあります。プロのコーチが、学生の状態に合わせて、毎日の栄養プランを含む考え抜かれたトレーニングプログラムを作成します。自分ではどのようにトレーニングをしたらいいかわからないという場合は、このようなフィットネスプログラムに申し込むのもいいでしょう。