新型コロナウィルスが流行しだして、間もなく2年が経過します。この2年間ではいろいろな変化がありましたよね。

これまでのように自由に外出できなくなってしまい、屋外でのアクティビティがかなり制限されるようになりました。

では、パンデミックによる影響は、サッカーのトレーニングをどのように変えたのでしょうか?

この記事では、サッカーのトレーニングがどのようにパンデミックの影響を受けたのかを解説していきます。

集団での練習が不可能に

サッカーのトレーニングいうと、クラブ活動などでチームで練習するのが一般的だったでしょう。しかし、学校が休みになったり、クラブ活動が禁止されたりなど、チームで集まって一緒にサッカーを練習するのが不可能になってしまいました。

試合の機会なども一気に減ってしまい、これまでのように練習することができなくなってしまったのです。

そのため、パンデミック以降は一人でサッカーのトレーニングをするのが一般的になりました。

ジムの利用が不可に

個人でトレーニングをする際、多くの人はジムに行ってトレーニングをするひとが多かったことでしょう。ジムではパーソナルトレーナーなどがついてくれるので、プロの指導のもと正しくトレーニングをすることができましたよね。

しかし、パンデミックによってジムもこれまで通りに営業ができなくなってしまいました。たくさんの人が一か所に集まるとそこでの感染リスクが高まります。そのため、ジムのトレーニングは不可能になってしまったでしょう。

自宅でのトレーニングが主流に

外出するのがリスクであり、行動が制限されるパンデミックの間は、多くの人が自宅でほとんどの時間を過ごすようになりました。

そのため、自宅でトレーニングをするのが一般的になりました。そこで多くの人が利用するようになったのが、トレーニングアプリです。トレーニングアプリとは、個人の目標にあわせてトレーニングプランを提案してくれたり、スケジュールを組んだりしてくれるアプリのことを言います。これらのアプリを使用することで、ジムに行かなくても計画的にトレーニングをすることを可能にしたのです。

また、最近では多くのトレーニング用のスマート用品が販売されており、それらを装着することで消費カロリーや運動量を測定してくれるようになりました。

これらのツールを使用することで、多くの人が自宅でも十分にサッカーのトレーニングをできるようになったのです。

バーチャルリアリティーを使用したトレーニング

最近ではバーチャルリアリティーの実用化が進んでいます。これに伴い、多くの企業がサッカーのトレーニング向けのバーチャルリアリティー器具を開発するようになりました。

これらのバーチャルリアリティーを利用すると、専用のゴーグルや器具を装着することで、屋内で本格的なサッカーのトレーニングができるようになったのです。

まだ、バーチャルリアリティーは各家庭では使用することができませんが、今後はバーチャルリアリティーがますます浸透していくことでしょう。

そうすると、自宅で一人であっても自由にサッカーのトレーニングができるようになります。

これからのトレーニングはどうなる?

新型コロナウィルスがいつ落ち着くかは誰にもわかりません。そのため、これまで通りに自由にサッカーのトレーニングができるようになる日は遠いかもしれません。そのため、自宅で一人でトレーニングをする必要があるでしょう。

自宅で一人でトレーニングをするのであれば、スマート用品やアプリを利用するのが効率的です。

パンデミックで自由にサッカーができない今、その間に体がなまってしまわないよう、しっかりとトレーニングをするようにしましょう。