昔から楽しまれているサッカー。サッカーはいつ日本に伝わったのでしょうか?どうして日本でサッカーが人気を集めるようになったのでしょうか?

この記事では、日本のサッカーの歴史を振り返ります。

ぜひサッカーについての豆知識をこの記事で身に付けましょう。

サッカーのはじまり

サッカーはいつの時代からプレイされるようになったのでしょうか?サッカーの起源については諸説ありますが。一般的にはサッカーは19世紀末にイギリス人によって発明されたと言われています。イギリスを中心にサッカーが広まっていき、ヨーロッパで中心に楽しめれるようになったのです。このようにサッカーはヨーロッパで誕生したので、現在でも欧州リーグが盛り上がりを見せているのでしょう。

サッカーはイギリスではじまりましたが、実際には数十年前から他の多くの文明が同様のスポーツを行っていたとされています。日本でも、平安時代に蹴鞠(けまり)というよく似たスポーツがありました。蹴鞠をしている様子は、教科書などにも掲載されていますよね。

蹴鞠は中国のCujuに由来し、ポルトガル語に直訳すると「ボールを蹴る」という意味になります。

これが直接的なサッカーのはじまりではないとしても、重要な先駆者であったと考えることができます。実際に蹴鞠にも単にボールを床に落とさないこと、手を使わずにプレイヤー間でボールを交換すること、などサッカーによく似たルールがありました。そのため、日本でもサッカーに似たスポーツが国民の間で楽しまれていたのです。

時間の流れと共に蹴鞠は日本ではプレイされなくなりました。しかし現在でも、お祭りの時などイベントの際に蹴鞠は楽しまれています。

日本でのサッカー人気とブラジル

日本のサッカーの歴史は、ブラジルと密接に関係しています。日本でサッカーが人気を集め始めたきっかけは、1991年のジーコの鹿島アントラーズへの移籍だとされています。

元カナリア代表のジーコは、日本人にとっては大スターであり、日本でのサッカーの成長と人気に貢献しました。そして、ジーコをきっかけにサッカー人気が上昇したことで、現在のプロサッカーリーグであるJリーグの創設にもつながったといわれています。

日本でブラジルはサッカーの強豪国、という印象が強くありますよね。これは実はジーコが日本に強いイメージを植え付けたことからきているのです。

日本サッカーの現状

日本のサッカーは大きく発展しており、現在はアジア大陸で最も強い国のひとつとして数えられています。

日本のタイトル獲得数は、アジアの10カ国の中で韓国に次いで2番目に多くなっています。また、2005年には、日本で初めてワールドカップが開催され、この認知度はさらに確実なものとなりました。

日本のリーグはマイナーリーグとして知られており、ゲイリー・リネカー、サルバトーレ・シラーチ、ドラガン・ストイコビッチといった元国際派選手が、プレイしてきました。そして、1991年以降、ジーコの来日したことにより、サッカー人気に火が付いたのです。その後、サッカー人気により、現在のJリーグの創設につながりました。そしてここ数年では日本からも多くのスター選手が誕生しており、ヨーロッパリーグでプレイするような選手が増えていきました。また、東京オリンピックでは4位になるなど、世界での実力も上げています。

最近では、日本のJリーグは、オンラインスポーツベッターにとって、非常に魅力的なリーグとして注目されています。Jリーグはまだそれほど人気のある大会ではないため、オンラインブックメーカーのオッズはより魅力的で、世界中のトレーダーに大きな利益をもたらしています。 

日本ではギャンブルが禁止されていますが、スポーツベッティングが少しずつ人気を集めています。つまり、日本でも新しいサッカーの楽しみ方が定着しているのです。