Author: Yuki

サッカーニュース
オリンピックを終えて、日本チームのレビュー

東京オリンピックが終了し、しばらく時間が経ちました。当時は白熱していましたが、今ではオリンピックの話題も少しずつ消えつつあります。 ではこの落ち着いてきたタイミングで、東京オリンピックにおけるサッカー日本代表チームの活躍ぶりをレビューしてみましょう。 日本の男子サッカーチームの成績 東京オリンピックの日本の男子サッカーチームの成績は4位。トップ3が期待されていましたが、3位決定戦に負けてしまったため、最終的には4位で終了しました。これによって、53年ぶりのメダル獲得を逃してしまったのです。 4位というのは2012年のロンドンオリンピック以来の好成績となりますが、それでも日本男子サッカーチームには厳しい声が多く集まりました。 参加メンバー 東京オリンピックに出場できるのは原則24歳以下の選手のみとなります。 今回の東京オリンピックでは、日本チームは冨安健洋や堂安律、それに久保建英など、海外の主要リーグで活躍する「史上最強」のチームを構成して挑みました。 また、オーバーエイジ枠にはキャプテンの吉田麻也をはじめ、酒井宏樹、遠藤航を投入。かなり監督も力を入れてメンバーを収集したといえるでしょう。そのため、東京オリンピックでは金メダル獲得も期待されていたのです。日本国民もこれだけ豪華なメンバーを集めた日本チームにかなり注目していました。 世界との実力の差が露呈 かなり意気込んで挑戦した東京オリンピック。しかし、実際に東京オリンピックが開幕すると、世界との実力の差が痛感させられる結果となりました。 日本は準決勝までは非常に順調であり、国民の期待通りの活躍をしていました。 しかし、決勝進出を目指した準決勝のスペイン戦。ここで大きな実力差を見せつけられる結果となったのです。 日本チームは序盤からスペインチームにボールを支配されてしまいます。何とか無失点でしのぎ延長戦にまで持ち込むことができましたが、最後の最後にレアルマドリードでプレーするマルコ・アセンシオにワンチャンスをものにされ敗北。 さらに3位決定戦となるメキシコ戦では、相手の2倍以上の数のシュートを打ったものの結果として1対3で敗北。正念場で勝利をつかむことができなかった日本チームは、メダルを逃してしまったのです。

用品
2021年の人気商品、おすすめのスマートスポーツガジェットを紹介

スポーツをする際には、より効率よく行うためにガジェットを活用するのがおすすめです。最近ではたくさんのメーカーが最新商品を出しており、これらにはびっくりするくらいの高機能が備わっています。そこでこの記事では、2021年に注目を集めている人気のスポーツガジェットを紹介します。 気になる商品があったら、早速購入してみましょう! NURV NURVは絶対に購入したいスポーツガジェットです。NURVは靴底に簡単に入れることができるインソールであり、GPSでルートを追跡することができます。また、ランニングテクニックの分析を行ってくれるのが特徴、これによりランニングの上達が可能になるとともに、怪我を避けられるようになります。 NURVを装着していてもまったく違和感はないので、誰でも快適に使用することができます。 Fitbit Charge 4 スマートで防水性に優れたFitbit Charge 4。これは、Fitbitの中でも最も先進的なトラッカーであり、身に付けるだけでマイ数をモニターすることができます。ランニングだけではなく、サイクリスト、トレイルランナー、スイマーにもおすすめのスポーツガジェットだといえます。 また、Spotify、GPS、Fitbit Payの機能を内蔵しているのもFitbit Charge 4の特徴。デザインもスマートなので、ファッションとしても楽しむことができるでしょう。

トレーニング
トレーニングと勉強を両立させる方法を紹介

スポーツをしているのであれば、日々のトレーニングは欠かせません。しかし、学生の場合勉強をしなければいけないため、毎日トレーニングに十分な時間を割くということは難しいでしょう。 そこでこの記事ではトレーニングと勉強を両立させる方法を紹介します。なかなか勉強とトレーニングの両立ができないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 1. 正確なスケジュールを立てる まず大切なことは、スケジュールをしっかりと立てるということです。 普段から忙しくしていると、効率的に日々を生活することができません。そんため、事前にスケジュールを立てそれに従って生活することで、時間を有効に使うことができます。そして、トレーニングに時間も十分に確保できるようになるでしょう。また、一度スケジュールを立てたら、必ずそれに従うようにしましょう。自宅の一番目立つどころなどにスケジュールを貼っておくと、それを遵守しやすくなるのでおすすめです。 2. 休み時間にスポーツをする 忙しくてスポーツをする時間がないときは、大学の30分の休憩時間を利用するといいでしょう。普段は休憩時間は友達と食堂でゆっくり過ごすことが多いのではないでしょうか?しかも、お菓子を食べたりして、かなり不健康な生活をしている人も多いはずです。 友達と遊んでいる時間をトレーニングに充てることで、時間を有効に使用することができます。大学近くのジムを利用するというのも1つの方法でしょう。 また、短時間でできるジョギングやスクワットなどのトレーニングを休憩時間にするのも効果的です。一緒にトレーニングが楽しめる友達がいると、休憩時間も楽しくトレーニングができるでしょう。 3. 大学でチームスポーツをする 大学ではたくさんのサークルがあり、それらでスポーツをすることでもできます。サッカー、バスケットボール、サッカー、野球などたくさんのサークルがあるので、それらの中から自分に合ったものを選択するのがいいでしょう。ただし、スポーツサークルの中には飲みサーもたくさんあります。そのようなものに入ってしまうと、スポーツをするどころか飲み会ばかりで体に逆効果になってしまいます。そのため、正しいサークルを選ぶようにしましょう。 4.