Category: サッカーの歴史

サッカーの歴史
日本のサッカーの歴史

昔から楽しまれているサッカー。サッカーはいつ日本に伝わったのでしょうか?どうして日本でサッカーが人気を集めるようになったのでしょうか? この記事では、日本のサッカーの歴史を振り返ります。 ぜひサッカーについての豆知識をこの記事で身に付けましょう。 サッカーのはじまり サッカーはいつの時代からプレイされるようになったのでしょうか?サッカーの起源については諸説ありますが。一般的にはサッカーは19世紀末にイギリス人によって発明されたと言われています。イギリスを中心にサッカーが広まっていき、ヨーロッパで中心に楽しめれるようになったのです。このようにサッカーはヨーロッパで誕生したので、現在でも欧州リーグが盛り上がりを見せているのでしょう。 サッカーはイギリスではじまりましたが、実際には数十年前から他の多くの文明が同様のスポーツを行っていたとされています。日本でも、平安時代に蹴鞠(けまり)というよく似たスポーツがありました。蹴鞠をしている様子は、教科書などにも掲載されていますよね。 蹴鞠は中国のCujuに由来し、ポルトガル語に直訳すると「ボールを蹴る」という意味になります。 これが直接的なサッカーのはじまりではないとしても、重要な先駆者であったと考えることができます。実際に蹴鞠にも単にボールを床に落とさないこと、手を使わずにプレイヤー間でボールを交換すること、などサッカーによく似たルールがありました。そのため、日本でもサッカーに似たスポーツが国民の間で楽しまれていたのです。 時間の流れと共に蹴鞠は日本ではプレイされなくなりました。しかし現在でも、お祭りの時などイベントの際に蹴鞠は楽しまれています。 日本でのサッカー人気とブラジル 日本のサッカーの歴史は、ブラジルと密接に関係しています。日本でサッカーが人気を集め始めたきっかけは、1991年のジーコの鹿島アントラーズへの移籍だとされています。 元カナリア代表のジーコは、日本人にとっては大スターであり、日本でのサッカーの成長と人気に貢献しました。そして、ジーコをきっかけにサッカー人気が上昇したことで、現在のプロサッカーリーグであるJリーグの創設にもつながったといわれています。 日本でブラジルはサッカーの強豪国、という印象が強くありますよね。これは実はジーコが日本に強いイメージを植え付けたことからきているのです。 日本サッカーの現状 日本のサッカーは大きく発展しており、現在はアジア大陸で最も強い国のひとつとして数えられています。

サッカーの歴史
サッカーを永遠に変えた5人の選手

長年世界で楽しまれているサッカー。これまでサッカー界ではレジェンドと呼ばれるプレイヤーがたくさん誕生しており、彼らはサッカーを多く変えてきました。 そこでこの記事では、サッカーを変えたスター選手を紹介します。 ペレ サッカー史上最も偉大な選手といわれているベレ。 ブラジル人のペレは、クラブでのキャリアの大半をサントスで過ごし、サントスの歴代最多得点者でもあります。ペレはゴール前での強さに定評があり、ブラジルではFIFAワールドカップを3回制覇ました。また、シニアチームの歴代最多得点者にも輝きました。 その他、1970年のワールドカップでの活躍により、FIFAワールドカップ・ゴールデンボールを受賞するなど、数々の経歴を残しました。 ヨハン・クライフ ヨハン・クライフの天才的な才能を持つサッカー選手であり、サッカー界に大きな変化をもたらしました。ヨハンは選手としてだけではなく、監督としてでもサッカー界に貢献した人物であります。 そんなヨハンはアヤックスやバルセロナで活躍したことで知られており、「トータル・フットボール」の提唱者でもあります。 また、高い技術力と創造性を備えたヨハンは、バロンドールを3度受賞しています。現役引退後は、アヤックスとバルセロナの監督を務め、バルセロナでは「ドリームチーム」を創設しました ディエゴ・マラドーナ ディエゴ・マラドーナは性格が特殊であり多くの物議を醸すことばかりでしたが、その天才的な才能は誰もが認めていました。 マラドーナは幼い頃からクラブと国の両方で活躍しており、その経験からもマラドーナがフィールド上で期待を裏切ることはほとんどありませんでした。 また、マラドーナは1986年にアルゼンチン代表としてワールドカップを制覇し、クラブでのキャリアの大半を過ごしたナポリでは、スタジアムにマラドーナの名前が付けられています。トラブルも多いマラドーナでしたが、その実力はまさに天才的だったと誰もが認めているでしょう。 クリスティアーノ・ロナウド

サッカーの歴史
多くの人に知られていない?世界で最高のサッカー選手

世界中ではメッシやクリスティアーノ・ロナウドなど、世界的に活躍している選手がたくさんいます。こう言った有名選手ばかりが注目されがちですが、実は世界には僕たちが知らないような最高のサッカー選手がいるのです。 今回はサッカー好きの僕が、この選手はすごい!と思う選手を厳選してしました。みなさんは以下の選手をすでに知っていたでしょうか? ヘンリク・ムヒタリアン 年齢:23歳 ポジション:ミッドフィールダーを攻撃 クラブ:シャフタール・ドネツク ヘンリク・ムヒタリアンはシャフタール・ドネツでプレイしている23歳の選手。ヘンリク・ムヒタリアンはアルメニア出身の選手であり、UEFAチャンピオンズリーグではスター選手として活躍しました。まだ、名前はあまり知られていませんが、地元では天才といわれており、多くのサッカー関係者に期待されています。 また、ヘンリク・ムヒタリアンはシーズン中に驚異的な10ゴールを記録。さらに、4アシストを獲得するなど、大活躍をしてチームの勝利に貢献しています。 ヨーロッパの有名リーグでプレイするようになるまでそう長くはないでしょう。 ヨエル・ポーヤンパロ 年齢:17歳 ポジション:ストライカー クラブ:HJKヘルシンキ ヨエル・ポーヤンパロはフィンランド・ヘルシンキ出身のプロサッカー選手。ヨエル・ポーヤンパロはわずか17歳ですが、すでにベテラン並みの活躍をしており、多くのサッカーファンの印象を与えています。 また、圧倒的なゴールスコアリングの記録を保有していることから、「完璧なハットトリック」の1つを含め、YouTubeで彼の名シーンを集めた動画が多数配信されています。

サッカーの歴史
歴史上最も多くのトロフィーを獲得したサッカークラブ

世界には実力のあるサッカークラブがたくさんあります。そして、それぞれのクラブがどれくらい成功しているかを図るために、どれくらいのトロフィーを獲得したかを比較することがよくあります。 そこでこの記事では、歴史上最も多くのトロフィーを獲得したサッカークラブ。上位には、多くの人が知っているおなじみの名前が並んでいると思うことでしょう。しかし、歴史的にトロフィーの獲得数を見ると、近年大成功で知られいているレアル・マドリード、ユベントス、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、バイエルン・ミュンヘンなどの有名クラブは、トップ5に入っていません。 1. アル・アーリー(エジプト) – 118トロフィー 世界で最も多くのトロフィーを獲得しているクラブは、エジプトのAl Ahlyです。まさかのエジプトということで、驚いた人もいることでしょう。 アフリカのサッカー界で「世紀のクラブ」として知られるAl Ahlyは、1907年に設立され、それ以来多数のトロフィーを獲得しました。 これまでに獲得したトロフィーの数は、エジプシャンプレミアリーグ41回、エジプシャンカップ36回、エジプシャンスーパーカップ10回、CAFチャンピオンズリーグ8回、CAFスーパーカップ6回、CAFカップウィナーズカップ4回、CAFコンフェデレーションズカップ1回となっています。 2. レンジャーズ – スコットランド

サッカーの歴史
サッカーのスパイクのの歴史

今回はいつもとは少し異なり、歴史という観点からサッカーについて紹介していきます。この記事で紹介するのは、スパイクの歴史。普段はなんてことなく履いているスパイクですが、僕たちの足を守ってくれる大事なシューズですよね。 では、これまでどのようにスパイクが発展してきたのかを振り返っていきましょう。 スパイクの誕生からこれまで 歴史上最初のスパイクは、1526年にイングランド王ヘンリー8世のために作られたとされています。1891年以前は、サッカー選手が履く靴はフラットではなくてはならず、凹凸を作ることは禁止されていました。しかし、その後の改正により小さなスタッドやバーが使用されるようになり、現在のものに似たスパイクが誕生するようになったのです。 そして、1950年代になって、アディダス社がゴムやプラスチック製のスタッドを交換できるスパイクを発表しました。これにより、天候やピッチの状態に応じて、異なるスタッドを取り付けることができるようになりました。また、スパイクの軽量化も同時に進められました。 さらに、より保護性の高いスパイクが販売されるようになり、全世界に広まっていきます。 スパイクの色は最初は黒一色でした。しかし最近では、新しい素材や技術、ファッションや消費者アイテムとしてのスパイク人気により、いろいろな色のスパイクが誕生するようになりました。 ブーツの歴史年表 1800年代 この期間中、サッカーはイングランドで人気を集めていました。しかし、多くの人は主に作業ブーツサッカーをプレイしており、スパイクは浸透していませんでした。 ただし、当時履かれていたブーツは、金属鋲やスタッドをブーツの底に入れていたので、グリップは十分あり、滑るということもありませんでした。ただ、非常に重いというのが大きなデメリットでした。 1900年から1940年 1900年から1940年までの期間は戦争があったため、スパイクの形は変わらりませんでした。しかし、ValsportやGolaなどがこの期間に人気を博しました。 1940-1960年代 1940-1960年代には、第二次世界大戦が終わり、スパイクのデザインが大きく変わりました。そして、軽量化と柔軟性に重点が当てられ、保護のみを目的としたスパイクを作るのではなく、軽量で機敏な動きができ、より良いキックができるスパイクを作るようになります。