Category: サッカーニュース

サッカーニュース
2021年、世界で最も価値のある5人のサッカー選手はこれだ

サッカー選手はよく移籍が行なわれますよね。その際に注目されるのが、移籍金です。移籍金はその選手の市場価値を表すものであり、金額が高ければ高いほどその選手の人気度がわかります。 そこでこの記事では、2021年に最も価値のルサッカー選手を紹介します。 #1位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)|1億6000万ユーロ ユーロ2020でのキリアン・ムバッペの活躍は最高とはいえるものではなりませんでした。ラウンドオブ16のスイスとのシュートアウトでPKを失敗し、フランスは大会から脱落してしまったからです。 このようにチームとしては成績を残すことができませんでしたが、キリアン・ムバッペの市場価値は相変わらず高く評価されています。 キリアン・ムバッペはまだ22歳であり、その実力の高さは何度も証明されてきました。昨シーズン、パリ・サンジェルマンはリーグ優勝を果たせませんでした。しかし、キリアン・ムバッペは、リーグ1で27試合に出場し、27ゴール、7アシストを記録するという素晴らしい成績を残しました。 キリアン・ムバッペはまだ若い選手であるため、今後ますます市場価値が上がることでしょう。 #2位 エルリング・ブラウット・ハーランド(ボルシア・ドルトムント)|1億3000万ユーロ エルリング・ブラウット・ハーランドは、現在ボルシア・ドルトムントに所属している選手です。 しかし、エルリング・ブラウット・ハーランドは近いうちにボルシア・ドルトムントを離れる可能性が高いとされており、いくつかのクラブがすでに興味を示しています。 そんなエルリング・ブラウット・ハーランドは、世界最高の若手ストライカーとして評価されており、1億3000万ユーロの価格が設定されています。 まだ、エルリング・ブラウット・ハーランドは20歳ですが、昨シーズンのブンデスリーガでは27試合に出場し、27ゴール、6アシストを記録しました。 #3位

サッカーニュース
最高のプレイを向上させるスマートなスポーツ機器

最近では様々なスポーツ用品が販売されています。クラシックなものだけではなく、最新テクノロジーを使用したものも多く、それらは僕たちのスポーツライフを大きく変化させます。 特にスマートスポーツ用品が最近注目度が上がっており、多くのスポーツ選手も利用しています。 そこでこの記事では、スポーツのプレイを向上させるスマート用品を紹介します。短時間で効率よく試合でのパフォーマンスを向上させたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね! InfoMotion 94Fifty Smart Sensor Basketball 最初に紹介するおすすめのスポーツ用品は、InfoMotion 94Fifty Smart Sensor Basketball(インフォモーション94フィフティースマートセンサーバスケットボール)です。こちらの商品は295ドルで販売されています。 このバスケットボールは商品名からわかる通り、センサーが搭載されているのが特徴。そして、そのセンサーがあることにより、ドリブル、ドリブルの力、シュートのリリーススピード、シュートの弧、バックスピンなど、プレイヤーが上達したいと思っているスキルを測ることができます。 そして、InfoMotion

サッカーニュース
オリンピックを終えて、日本チームのレビュー

東京オリンピックが終了し、しばらく時間が経ちました。当時は白熱していましたが、今ではオリンピックの話題も少しずつ消えつつあります。 ではこの落ち着いてきたタイミングで、東京オリンピックにおけるサッカー日本代表チームの活躍ぶりをレビューしてみましょう。 日本の男子サッカーチームの成績 東京オリンピックの日本の男子サッカーチームの成績は4位。トップ3が期待されていましたが、3位決定戦に負けてしまったため、最終的には4位で終了しました。これによって、53年ぶりのメダル獲得を逃してしまったのです。 4位というのは2012年のロンドンオリンピック以来の好成績となりますが、それでも日本男子サッカーチームには厳しい声が多く集まりました。 参加メンバー 東京オリンピックに出場できるのは原則24歳以下の選手のみとなります。 今回の東京オリンピックでは、日本チームは冨安健洋や堂安律、それに久保建英など、海外の主要リーグで活躍する「史上最強」のチームを構成して挑みました。 また、オーバーエイジ枠にはキャプテンの吉田麻也をはじめ、酒井宏樹、遠藤航を投入。かなり監督も力を入れてメンバーを収集したといえるでしょう。そのため、東京オリンピックでは金メダル獲得も期待されていたのです。日本国民もこれだけ豪華なメンバーを集めた日本チームにかなり注目していました。 世界との実力の差が露呈 かなり意気込んで挑戦した東京オリンピック。しかし、実際に東京オリンピックが開幕すると、世界との実力の差が痛感させられる結果となりました。 日本は準決勝までは非常に順調であり、国民の期待通りの活躍をしていました。 しかし、決勝進出を目指した準決勝のスペイン戦。ここで大きな実力差を見せつけられる結果となったのです。 日本チームは序盤からスペインチームにボールを支配されてしまいます。何とか無失点でしのぎ延長戦にまで持ち込むことができましたが、最後の最後にレアルマドリードでプレーするマルコ・アセンシオにワンチャンスをものにされ敗北。 さらに3位決定戦となるメキシコ戦では、相手の2倍以上の数のシュートを打ったものの結果として1対3で敗北。正念場で勝利をつかむことができなかった日本チームは、メダルを逃してしまったのです。