Category: サッカーニュース

サッカーニュース
2022 FIFAワールドカップについて

サッカーのビッグイベントとして多く人に注目されているワールドカップ。そして、来年2022 FIFAワールドカップが開催されます。 新型コロナウィルスでイベントが規制される中、このようなイベントが開催されるのは、とてもワクワクしますよね! そこでこの記事では、2022 FIFAワールドカップについて解説していきます。 2022 FIFAワールドカップ 2022 FIFAワールドカップは、2022年11月21日から12月18日にかけてカタールで開催されます。この大会は、22回目のFIFAワールドカップとなります。 2022 FIFAワールドカップは、ドーハ、ルサイル、アル・ホール、アル=ワクラ、アル・ラーヤンの5都市・8会場での実施を予定しています。 通常ワールドカップは欧州の主要なサッカーリーグがシーズンオフを迎える6月から7月に開催されます。しかし、中東に位置しているカタールでは夏の暑さが厳しく選手に与える負担が大きいため、2022 FIFAワールドカップは特別に11月に開催されることになったのです。 出場国枠 2022

サッカーニュース
PSGはチャンピオンズリーグを制するか?

毎年注目されるヨーロッパリーグ。今シーズン、パリ・サンジェルマン(PSG)は、セルヒオ・ラモス、ジョルジニオ・ワイナルダム、ジャンルイジ・ドンナルマを獲得するなど、多くの有力選手を獲得しています。また、リオネル・メッシの移籍で話題を集めたのも、記憶に新しいですよね! PSGのチームは、チャンピオンズリーグでも優勝候補に挙げられています。ただし、今シーズンに関してはPSGがUEFAチャンピオンズリーグで優勝するのは難しいのではないか、という意見もあります、この記事では、その理由を紹介します。 マウリシオ・ポチェッティーノはまだ経験不足 パリ・サンジェルマン(PSG)の監督を務めているマウリシオ・ポチェッティーノ。彼は才能のある監督ではありますが、経験不足が指摘されています。 ポチェッティーノは、無名のトッテナム・ホットスパーを2019年のUEFAチャンピオンズリーグの決勝に導き、ハリー・ケインやデレ・アリといった選手の育成に貢献しました。 しかし、その経営手腕にもかかわらず、ポチェッティーノは自分が監督したクラブで主要なトロフィーを獲得したことがまだないのです。これは、トッテナム・ホットスパー時代にもよく言われていたことであり、パリ・サンジェルマン(PSG)でも同じ結果になるのではないかといわれています。 PSGにはワールドクラスの中盤のプレーメーカーがいない パリ・サンジェルマン(PSG)はバランスの取れた実力のあるクラブです。しかし、サッカー関連者の間でよく指摘されているのが、パリ・サンジェルマン(PSG)は中盤が弱いということです。 アンデル・エレーラ、マルコ・ヴェッラッティ、ジョルジニオ・ワイナルダム、イドリッサ・グエらは、中盤の中心で活躍している選手ですが、クリエイティブ性にかけるという声が多く聞かれます。これがパリ・サンジェルマン(PSG)の弱さにつながってるのです。 今後この欠点を強化したいのであれば、新たな選手を取得する必要があるでしょう。 PSGは左サイドバックに問題を抱えている パリ・サンジェルマン(PSG)は近年、フルバックに問題を抱えています。そのため、この問題を解決するために、今夏、インテル・ミラノから右サイドバックのアシュラフ・ハキミを5400万ポンドで獲得しました。 しかし、左サイドバックは、怪我の多いファン・ベルナトと安定性に欠けるレイヴィン・クルザワに頼らざるを得ない状態が続いています。 ベルナトとクルザワはどちらもトップクオリティーの左サイドバックではなく、ベルナトは大怪我から回復中で、昨シーズンは全大会で3試合しか出場していません。 そのため、チャンピオンズリーグでの優勝を目指すのであれば、PSGは左サイドバックを強化する必要があるでしょう。

サッカーニュース
2021年のサッカー観戦の制限

2021年、新型コロナウィルスが流行したことにより、スポーツ観戦がかなり制限されるようになりました。 その制限は現在でも緩和されることはなく、厳しく管理されています。では、具体的にサッカー観戦の際にはどのような制限があるのでしょうか? 入場制限 まず、新型コロナウィルスが流行のせいで、入場制限が厳しく行われています。 例えば、以下の当てはまる場合は、サッカースタジアムに入場することができません。 ・発熱、咳、倦怠感、咽頭痛・味覚嗅覚の異常などの症状がみられる場合 ・同居家族や身近な知人に感染が疑われる人がいる場合 ・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合 新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、上記に当てはまる場合は一切サッカーを観戦することができないのです。 サッカースタジアムでの行動制限 健康状態に問題がなく、無事にサッカースタジアムに入場できた場合でも、かなり厳しいルールがあります。 まず、マスクの着用が必須となります。そして、マスクを外す場合は、人と十分な距離(少なくとも2m以上)の確保しなければいけません。 また、こまめな手洗い・手指消毒が推奨されています。 これだけではいいですが、サッカーファンにとって厳しい規制となったのが、応援です。サッカーを観戦する際には、派手に応援するのが醍醐味ですよね! しかし、新型コロナウィルスの流行により、以下の応援行為が禁止となりました。

サッカーニュース
これからの活躍が期待!2021年、話題の日本人若手選手を紹介

サッカー界では常に新しい選手が活躍しています。実力争いが激しいので、トップ選手もよく変わりますよね。 そこでこの記事では、2021年の注目の日本人選手を紹介します。ぜひ次世代のスター選手候補を見つけましょう! 久保建英(20歳) 現在日本の若手で一番注目されている選手といえば、久保建英でしょう。久保建英は、バルセロナ、FC東京、横浜Fマリノス、レアルマドリードなどで活躍した経験がある選手であり、現在はマジョルカでプレイしています。 久保建英は左足の魔術師というニックネームが付けられるほど器用なスキルを持っているのが強みであり、ドリブルやキープでゲームをうまくコントロールしています。 日本で活躍していたころは力が弱い点が指摘されていましたが、海外でのトレーニングを経てフィジカルも強化してきました。 久保建英は海外ファンの間でも注目されており、マジョルカでの活躍が期待されています。 間違いなく、久保建英は今最も注目されている日本人若手選手だといえるでしょう。 南野拓実(26歳) 南野拓実は現在サウサンプトンで活躍している選手です。過去には、セレッツ、ザルツブルク、リバプールなどでプレイしていた経験があります。 南野拓実は長友佑都並みの運動量があるのが強みであり、試合中はほぼ動き続けています。また、ゴールへも非常に敏感であるため、アシストをしたり、自分でゴールを決めていくシーンも多くあります。 現在ではサウサンプトンへのレンタル移籍という形ですが、今後うまく活躍することができればリバプールでレギュラーとして活躍する機会も得られるかもしれません。 中井卓大(17歳) 17歳という若さですでに国内外で注目されている若手選手、中井卓大。中井卓大は9歳からレアルマドリード・カンテラで活躍しています。中井卓大は9歳~16歳の7年間をスペインを過ごしているため、文化や言語についても問題なし。現地の選手になじみつつ、スペインで実力を発揮しています。 また、今年に入ってからはレアルマドリードトップチームへの昇格の話が持ち上がるなど、多くの期待が寄せられています。

サッカーニュース
現在のJ1の状況と強豪クラブを紹介

日本のサッカーリーグであるJ1。毎年シーズンが始まると、たくさんの人が注目しますよね。そこでこの記事では、Jリーグがどのようなものなのかを初心者向けに解説していきます。また、強豪クラブを紹介します。 Jリーグとは Jリーグとは、日本プロサッカーリーグにおける1部リーグのことであり、一般的にJ1と呼ばれています。2015年からはタイトルパートナー契約により「明治安田生命J1リーグ」という名称を利用するようになりました。 日本国内では、Jリーグカップ、天皇杯と並んで日本の国内3大タイトルとされており、毎年多くのサッカーファンが注目するイベントとなっています。 Jリーグが設立されたころは最大18チームで開催されていましたが、現在では、現在Jリーグは20のチームで開催されています。2021年にJリーグに所属しているチームは以下の通りです。 北海道コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ・浦和レッズ・柏レイソル・FC東京・川崎フロンターレ・横浜F・マリノス・横浜FC・湘南ベルマーレ 1994年・清水エスパルス・名古屋グランパス・ガンバ大阪・セレッソ大阪・ヴィッセル神戸・サンフレッチェ広島・徳島ヴォルティス・アビスパ福岡・サガン鳥栖・大分トリニータ 2021年を引っ張るクラブチームとは? 20のクラブが所属するJリーグですが、この中では力関係がしっかりとしており、毎年優勝争いをするチームは決まっています。そこでここではJリーグの強豪クラブを紹介します。強豪クラブというと紹介したいクラブはいくつかありますが、ここでは3つのクラブを厳選しました。 川崎フロンターレ Jリーグの強豪クラブチームとして多くの人が名前を挙げるのは、川崎フロンターレでしょう。川崎フロンターレは昨シーズン圧倒的な強さを見せてリーグ優勝を勝ちとしました。 中村憲剛が現役を引退し、守田英正はポルトガル1部のサンタ・クララへ移籍するなど、実力選手の流出がありましたが、名古屋グランパスからジョアン・シミッチを獲得したことで、今後の活躍がさらに期待されています。 また、川崎フロンターレの注目選手遠野大弥もけがから復活したので、今後さらに川崎フロンターレに貢献してくれることでしょう。 FC東京  長谷川健太監督のもとで一致団結し、毎シーズン優勝争いに絡んでくるFC東京。

サッカーニュース
2021年、世界で最も価値のある5人のサッカー選手はこれだ

サッカー選手はよく移籍が行なわれますよね。その際に注目されるのが、移籍金です。移籍金はその選手の市場価値を表すものであり、金額が高ければ高いほどその選手の人気度がわかります。 そこでこの記事では、2021年に最も価値のルサッカー選手を紹介します。 #1位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)|1億6000万ユーロ ユーロ2020でのキリアン・ムバッペの活躍は最高とはいえるものではなりませんでした。ラウンドオブ16のスイスとのシュートアウトでPKを失敗し、フランスは大会から脱落してしまったからです。 このようにチームとしては成績を残すことができませんでしたが、キリアン・ムバッペの市場価値は相変わらず高く評価されています。 キリアン・ムバッペはまだ22歳であり、その実力の高さは何度も証明されてきました。昨シーズン、パリ・サンジェルマンはリーグ優勝を果たせませんでした。しかし、キリアン・ムバッペは、リーグ1で27試合に出場し、27ゴール、7アシストを記録するという素晴らしい成績を残しました。 キリアン・ムバッペはまだ若い選手であるため、今後ますます市場価値が上がることでしょう。 #2位 エルリング・ブラウット・ハーランド(ボルシア・ドルトムント)|1億3000万ユーロ エルリング・ブラウット・ハーランドは、現在ボルシア・ドルトムントに所属している選手です。 しかし、エルリング・ブラウット・ハーランドは近いうちにボルシア・ドルトムントを離れる可能性が高いとされており、いくつかのクラブがすでに興味を示しています。 そんなエルリング・ブラウット・ハーランドは、世界最高の若手ストライカーとして評価されており、1億3000万ユーロの価格が設定されています。 まだ、エルリング・ブラウット・ハーランドは20歳ですが、昨シーズンのブンデスリーガでは27試合に出場し、27ゴール、6アシストを記録しました。 #3位

サッカーニュース
最高のプレイを向上させるスマートなスポーツ機器

最近では様々なスポーツ用品が販売されています。クラシックなものだけではなく、最新テクノロジーを使用したものも多く、それらは僕たちのスポーツライフを大きく変化させます。 特にスマートスポーツ用品が最近注目度が上がっており、多くのスポーツ選手も利用しています。 そこでこの記事では、スポーツのプレイを向上させるスマート用品を紹介します。短時間で効率よく試合でのパフォーマンスを向上させたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね! InfoMotion 94Fifty Smart Sensor Basketball 最初に紹介するおすすめのスポーツ用品は、InfoMotion 94Fifty Smart Sensor Basketball(インフォモーション94フィフティースマートセンサーバスケットボール)です。こちらの商品は295ドルで販売されています。 このバスケットボールは商品名からわかる通り、センサーが搭載されているのが特徴。そして、そのセンサーがあることにより、ドリブル、ドリブルの力、シュートのリリーススピード、シュートの弧、バックスピンなど、プレイヤーが上達したいと思っているスキルを測ることができます。 そして、InfoMotion

サッカーニュース
オリンピックを終えて、日本チームのレビュー

東京オリンピックが終了し、しばらく時間が経ちました。当時は白熱していましたが、今ではオリンピックの話題も少しずつ消えつつあります。 ではこの落ち着いてきたタイミングで、東京オリンピックにおけるサッカー日本代表チームの活躍ぶりをレビューしてみましょう。 日本の男子サッカーチームの成績 東京オリンピックの日本の男子サッカーチームの成績は4位。トップ3が期待されていましたが、3位決定戦に負けてしまったため、最終的には4位で終了しました。これによって、53年ぶりのメダル獲得を逃してしまったのです。 4位というのは2012年のロンドンオリンピック以来の好成績となりますが、それでも日本男子サッカーチームには厳しい声が多く集まりました。 参加メンバー 東京オリンピックに出場できるのは原則24歳以下の選手のみとなります。 今回の東京オリンピックでは、日本チームは冨安健洋や堂安律、それに久保建英など、海外の主要リーグで活躍する「史上最強」のチームを構成して挑みました。 また、オーバーエイジ枠にはキャプテンの吉田麻也をはじめ、酒井宏樹、遠藤航を投入。かなり監督も力を入れてメンバーを収集したといえるでしょう。そのため、東京オリンピックでは金メダル獲得も期待されていたのです。日本国民もこれだけ豪華なメンバーを集めた日本チームにかなり注目していました。 世界との実力の差が露呈 かなり意気込んで挑戦した東京オリンピック。しかし、実際に東京オリンピックが開幕すると、世界との実力の差が痛感させられる結果となりました。 日本は準決勝までは非常に順調であり、国民の期待通りの活躍をしていました。 しかし、決勝進出を目指した準決勝のスペイン戦。ここで大きな実力差を見せつけられる結果となったのです。 日本チームは序盤からスペインチームにボールを支配されてしまいます。何とか無失点でしのぎ延長戦にまで持ち込むことができましたが、最後の最後にレアルマドリードでプレーするマルコ・アセンシオにワンチャンスをものにされ敗北。 さらに3位決定戦となるメキシコ戦では、相手の2倍以上の数のシュートを打ったものの結果として1対3で敗北。正念場で勝利をつかむことができなかった日本チームは、メダルを逃してしまったのです。