Category: トレーニング

トレーニング
自宅での筋トレに最適なホームワークアウトアプリを紹介

自宅で筋トレをするとなると、なかなかうまくできなかったり、やり方が間違っていたりすることがありますよね。 トレーナーがいない自宅で筋トレをする場合、かわりにアプリを利用することで、効率よく自宅で筋トレができるようになります。そこでこの記事では、おすすめのホームワークアウトアプリを紹介します。これから自宅でトレーニングを開始したいという方は、ぜひ以下のアプリをダウンロードしてみましょう。 PEAR パーソナルフィットネスコーチ 「PEAR パーソナルフィットネスコーチ」は、アイズフリー、ハンズフリーのオーディオコーチ機能を搭載したアプリです。 「PEAR パーソナルフィットネスコーチ」は、ユーザーのパフォーマンスに応じて、さまざまなフィットネスを提案してくれます。これによって、自分のレベルに合ったトレーニングをすることができます。 また、「PEAR パーソナルフィットネスコーチ」は、様々なフィットネストラッカーやデバイスに対応しているので、自分のパフォーマンスを記録したり、他のフィットネスアプリと指標を共有したりすることができます。 「PEAR パーソナルフィットネスコーチ」には無料版がありますが、この場合トレーニングの種類が限られてしまいます。 制限なくすべての機能を利用したいのであれば、すべてのワークアウトライブラリと追加機能にアクセスできるプレミアムサブスクリプション(月額5.99ドル)を購入するといいでしょう。 ワークアウト・トレーナー  Skimbleの「ワークアウト・トレーナー

トレーニング
サッカーのキックを上達させるコツ

当然のことながら、サッカーにおいて一番の重要なスキルとはキックです。 しかし、キックをどのように上達させたらいいのでしょうか? この記事は、サッカーがうまくなりたい、得点できるようになりたい、という方に向けて、サッカーのキックを上達させるコツを紹介します。 ボールの上での足の置き方を気を付ける ボールをける前には、ボールの上に足を置きますよね。キックをうまくなりたいのであれば、足を置く場所に注意を払ってみましょう。そして、足を正しく置くことで、キックの精度と勢いを向上させることができます。 例えば、ボールの真ん中を蹴ったにもかかわらず、常にゴールの上を蹴ってしまう場合、置き足の位置がボールの後ろになっていると考えられます。 足を置いた位置によってどのようにボールが飛ぶかが異なるので、その仕組みを理解することで、キックの精度を上げることができるでしょう。 ゴールキーパーの位置を観察する 得点したいのであれば、ゴールドキーパーの位置をよく確認しましょう。 ゴールキーパーはゴールの中央に立っているので、コーナーに近い位置でシュートを打つと得点しやすくなります。 また、ゴールキーパーは、ゴールに向かってまっすぐ飛び込むよりも、上や下に向かって飛び込む方が難しいとされています。そのため、シュートはGKの上か下に打つのがいいでしょう。もしくは、ゴールの上隅、アッパー90が理想的なシュート位置となります。 キック時頭を下げてボールを見ること 試合中にキックする際には、視線が動いてしまいますよね。キック中にディフェンダーやゴールを見ている人も多いはずです。 しかし、キックをするときには、まっずぐとボールを見ることが大切です。そうすることで、精度とパワーを向上させることができます。 インステップキック

トレーニング
サッカーファンにおすすめのサッカーがテーマの映画を紹介

サッカーは世界中で人気を集めているスポーツ。そのため、これまでサッカーをテーマとした映画がたくさん公開されてきました。 そこでこの記事では、サッカーがテーマのおすすめの映画を紹介します。 レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏 サッカーは世界的に注目度の高いスポーツであり、時には国家レベルで影響を及ぼすことがあります。 「レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏」は、ヨーロッパのベスト・レフェリーに選出されたイングランドのハワード・ウェブを主人公としたストーリーであり、政治とのかかわりなど、その舞台の裏側が描かれています。 サッカー好きであれば一度は見ておきたい、ドキュメンタリー映画だといえるでしょう。 ぼくのプレミアライフ 「ぼくのプレミアライフ」はヨーロッパのクラブ・アーナセルをテーマとした映画。主人公の少年は、父と一緒にアーナセルの試合を見に行ったことで、アーナセルの大ファンになります。そして、アーセナル最優先の人生を送っていくのですが、いつまでも低迷を続けるアーセナルはなかなか活躍することができません。 その後少年はどのようにアーナセルをサポートしていくのか? アーセナルファンの方も、そうでない方も楽しめる作品となっています。 コッホ先生と僕らの革命 「コッホ先生と僕らの革命」は、ドイツ・サッカーの父として知られているコンラート・コッホをテーマとした実話。コッホが子どもたちにサッカーを教えながら、協調や公正を重んじる精神を育ませていく様子が描かれている感動の作品となっています。 サッカーを純粋に楽しんでいたころの初心を思い出させてくれる映画だといえるでしょう。

トレーニング
モチベーションを維持するためのベストアプリを紹介!

トレーニングを毎日やろうと思っても、モチベーションを維持するのは難しいですよね。勉強や仕事が忙しくて、すぐにやめてしまうということもあるでしょう。実際僕もそのようなことが何回もありました。 そんな自分を変えたい!という方は、モチベーションアプリを利用してみるのはどうでしょうか?最近ではモチベーションを保つためのおすすめのアプリを紹介します。 ThinkUp: ポジティブアファメーション ThinkUp: Positive Affirmationsは、毎日ユーザーを励まして、成功するために必要なモチベーションとポジティブな考え方を与えてくれるアプリです。どんな時でも僕たちを応援してくれるので、モチベーションを保つのに最適なアプリだといえます。 自分の目標に合ったものを選んで、ネガティブな考え方を減らすようにしましょう。 ファビュラス セルフケア ファビュラスアプリは、単に日々の習慣を追跡するだけではなく、科学的根拠に基づいて制作されています。そして、人生を変えるような習慣を身につけることで、あなたのモチベーションを全面的に高めることをサポートしてくれます。 ファビュラス セルフケアには、生産性や集中力を高めるための豊富なライブラリ、瞑想やリラクゼーションのための統合された健康セッションなど、さまざまな機能が搭載されています。まさに、バランスが取れたすばらしいモチベーションアプリだといえるでしょう。 Motivate デイリーモチベーション

トレーニング
パンデミックの影響、サッカーのトレーニング方法はどのように変化した?

新型コロナウィルスが流行しだして、間もなく2年が経過します。この2年間ではいろいろな変化がありましたよね。 これまでのように自由に外出できなくなってしまい、屋外でのアクティビティがかなり制限されるようになりました。 では、パンデミックによる影響は、サッカーのトレーニングをどのように変えたのでしょうか? この記事では、サッカーのトレーニングがどのようにパンデミックの影響を受けたのかを解説していきます。 集団での練習が不可能に サッカーのトレーニングいうと、クラブ活動などでチームで練習するのが一般的だったでしょう。しかし、学校が休みになったり、クラブ活動が禁止されたりなど、チームで集まって一緒にサッカーを練習するのが不可能になってしまいました。 試合の機会なども一気に減ってしまい、これまでのように練習することができなくなってしまったのです。 そのため、パンデミック以降は一人でサッカーのトレーニングをするのが一般的になりました。 ジムの利用が不可に 個人でトレーニングをする際、多くの人はジムに行ってトレーニングをするひとが多かったことでしょう。ジムではパーソナルトレーナーなどがついてくれるので、プロの指導のもと正しくトレーニングをすることができましたよね。 しかし、パンデミックによってジムもこれまで通りに営業ができなくなってしまいました。たくさんの人が一か所に集まるとそこでの感染リスクが高まります。そのため、ジムのトレーニングは不可能になってしまったでしょう。 自宅でのトレーニングが主流に 外出するのがリスクであり、行動が制限されるパンデミックの間は、多くの人が自宅でほとんどの時間を過ごすようになりました。 そのため、自宅でトレーニングをするのが一般的になりました。そこで多くの人が利用するようになったのが、トレーニングアプリです。トレーニングアプリとは、個人の目標にあわせてトレーニングプランを提案してくれたり、スケジュールを組んだりしてくれるアプリのことを言います。これらのアプリを使用することで、ジムに行かなくても計画的にトレーニングをすることを可能にしたのです。 また、最近では多くのトレーニング用のスマート用品が販売されており、それらを装着することで消費カロリーや運動量を測定してくれるようになりました。

トレーニング
サッカーのトレーニングとジムは組み合わせるべき?

サッカーのスキルを高める一番の方法はなんでしょうか?フィールドで実際にボールを触ったり、試合で実践を積むのが一番の方法なのでしょか? それとも、ジムへ行ってトレーニングをすることで、サッカーの実力を上げることができるのでしょうか? この記事では、ジムを利用してサッカーの実力を上げるための方法を紹介します。 バーベル・バックスクワット サッカーに必要な両脚の力をつけるという意味では、バックスクワットは王道のエクササイズです。バーベル・バックスクワットでは、大腿四頭筋の垂直方向の押し出し力を鍛えると同時に、臀部とハムストリングスにも刺激を与えることができます。このトレーニングをすることで、実際にサッカーをプレイした時のジャンプ力につながるのです。 バーベル・フロント・スクワットは、より膝を使うエクササイズなので、大腿四頭筋をより鍛えることができます。しかしバーベル・フロント・スクワットはよりテクニックを必要とするので、初心者の方はバック・スクワットから始めるのがいいでしょう。 具体的なやり方 セットとレップス 8レップ×4セット 休憩:セット間は90秒 テンポ:エキセントリック3秒、ポーズ1秒、コンセントリック1秒、トップでのポーズ1秒(3-1-1-1) バーベル・ブルガリアン・スプリット・スクワット サッカーでは片足でのみ身体を支える時間がかなり長いといえます。そのため、片足の筋力を高めることも重要です。 バーベル・ブルガリアン・スプリット・スクワットは膝を使ったエクササイズなので、大腿四頭筋をより鍛えることができ、同時にハムストリングスと大臀筋もよく鍛えることができます。 具体的なやり方

トレーニング
トレーニングと勉強を両立させる方法を紹介

スポーツをしているのであれば、日々のトレーニングは欠かせません。しかし、学生の場合勉強をしなければいけないため、毎日トレーニングに十分な時間を割くということは難しいでしょう。 そこでこの記事ではトレーニングと勉強を両立させる方法を紹介します。なかなか勉強とトレーニングの両立ができないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 1. 正確なスケジュールを立てる まず大切なことは、スケジュールをしっかりと立てるということです。 普段から忙しくしていると、効率的に日々を生活することができません。そんため、事前にスケジュールを立てそれに従って生活することで、時間を有効に使うことができます。そして、トレーニングに時間も十分に確保できるようになるでしょう。また、一度スケジュールを立てたら、必ずそれに従うようにしましょう。自宅の一番目立つどころなどにスケジュールを貼っておくと、それを遵守しやすくなるのでおすすめです。 2. 休み時間にスポーツをする 忙しくてスポーツをする時間がないときは、大学の30分の休憩時間を利用するといいでしょう。普段は休憩時間は友達と食堂でゆっくり過ごすことが多いのではないでしょうか?しかも、お菓子を食べたりして、かなり不健康な生活をしている人も多いはずです。 友達と遊んでいる時間をトレーニングに充てることで、時間を有効に使用することができます。大学近くのジムを利用するというのも1つの方法でしょう。 また、短時間でできるジョギングやスクワットなどのトレーニングを休憩時間にするのも効果的です。一緒にトレーニングが楽しめる友達がいると、休憩時間も楽しくトレーニングができるでしょう。 3. 大学でチームスポーツをする 大学ではたくさんのサークルがあり、それらでスポーツをすることでもできます。サッカー、バスケットボール、サッカー、野球などたくさんのサークルがあるので、それらの中から自分に合ったものを選択するのがいいでしょう。ただし、スポーツサークルの中には飲みサーもたくさんあります。そのようなものに入ってしまうと、スポーツをするどころか飲み会ばかりで体に逆効果になってしまいます。そのため、正しいサークルを選ぶようにしましょう。 4.